my lifestyle

<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

松尾芸能財団特別賞、そして・・・

私が応援している歌舞伎役者の中村芝雀氏がこの度「松尾芸能財団」より松尾芸能賞特別賞を受賞したという嬉しいお知らせが飛び込んできました。「女形」としての実力が評価されたようです。品格のある女形を演じると、芝雀さんにかなうかたはいらっしゃらないと信じて疑わない私です。そして、どうしてもその晴れの姿を一目見たいと、松尾芸能財団を運営している松尾家(ロウ家とは家族ぐるみでおつきあいしていただいているのです)にお願いして、授賞式に参加させていただきました!そのようなつながりがあったとは夢にも思わない芝雀さんは、受賞された舞台の上から、最前列に陣取っていた私と御一緒してくれた友人達を見つけ、驚いてくださったようです。計画通り、サプラ〜イズ!大成功!奥様にもお目にかかれて、とても楽しい夕べの一時でした。
f0135295_1150340.jpg

そして、その翌日。きっと皆様方も既にご存知と思われますが、「芸術院賞」も受賞されました!
              こいつぁ 春から 縁起が良いわい!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-31 11:49 | ENTERTAINMENT

ヤマトタケル

ヤマトタケルを鑑賞しました。実は、主人と私の歌舞伎入門のきっかけとなったのが、市川猿之助によってスタートした「スーパー歌舞伎」だったのです。1986年 スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』は公演開始と同時に話題と反響の嵐を巻き起こしました。その後、動員回数や公演数を伸ばし続け、1998年までの実に15ヶ月間、564ステージ上演されたそうです。2006年には右近・段治郎コンビによる『ヤマトタケル』が発表され、今回は2年ぶり、2度目の「ヤマトタケル」です。日本人の歌舞伎離れが顕著になった頃に、市川猿之助が、古い歴史を持つ歌舞伎を今様に、舞台のスペクタクルは勿論のこと、歌舞伎が初めての観客にもわかりやすい言葉で、親しみやすい歌舞伎にトランスフォームしたのがスーパー歌舞伎。当初は私達には知り得ない逆境にも会った事でしょう。でも猿之助氏のおかげで、私達夫婦は歌舞伎の門を叩き、今では最低月一回は歌舞伎座に通うほどの歌舞伎ファンとなりました。プログラムを読み、イヤホンガイドを借りて歌舞伎鑑賞をすると理解度が倍増致します。本当に素晴しい!どうぞ皆様も、日本の伝統文化を継承する為にも、歌舞伎座に出掛け、ご鑑賞下さいませ。驚きの世界が広がります。
f0135295_1814977.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-29 18:02 | ENTERTAINMENT

ひょうたん池

「私は元気!」だけがとりえのこの私がついにダウン。昨日一日寝込んでしまいました。今日も半日、グウタラしていたのですが、春のぽかぽか陽気に誘われて、「気分も随分良くなった事だし」と、主人と河川敷にお散歩に出掛けました。のどかな午後のひととき。
f0135295_17164433.jpg

ここには兵庫島というのがあり、かつては、ひょうたん池というのがありました。子供達が幼い頃、良く連れてきて遊ばせた池。今はこんなに綺麗に整備されていて、夏になるとここに水が引き込まれて子供達の格好の遊び場になります。
f0135295_17243187.jpg

私達親子は「わいわい村」というプレイグループ(プレイグループなんて、格好いい名前ですが実情は野生の猿を育てているようなグループでした)に入っており、週二回朝の10:00-15:00お弁当を持って馬事公苑で集まり子供を泥だらけで遊ばせていたのです。そのグループの活動の一環で、夏は多摩川(そう、ひょうたん池!)に出掛け、子供をびしょ濡れで遊ばせたり、秋には芋掘り、時には他の公園侵略に遠征したり、冬にはお父さんも参加して、餅つきもしました。雨が降れば近所の児童館に行って本の読み聞かせや紙芝居をし、お絵描きや工作も母親と共に楽しみました。私自身が、究極の野生児でしたので、東京という大都会で生まれた子供達にも出来るだけ、自然に触れて野性的に育って欲しかったのです。私の願いとは裏腹に、二人共「都会でしか住めない」と言うくらい、都会っ子に育ってしまいましたが、幼児期の経験が身体や心のどこか深くに残っていて、大都会というジャングルでも逞しく生きていって欲しいと願っています。
[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-23 17:49 | PRIVATE

アマリリス

主人の誕生日祝いにと、妹からプレゼントされたアマリリスの球根。こんなに立派に咲きました!アマリリスはヒガンバナ科。ちょっと意外ですね。主人はガーデニングが大好き。そして、これから春にかけての時期は、樹々が芽吹き、花が咲き始めます。命の息吹を感じるエネルギッシュな季節ですね。我が家の庭の花々もあちこちで咲き始め、嬉しい毎日です。
f0135295_8351313.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-21 08:35 | GARDEN

AIDA

新国立劇場開場10周年記念特別公演 ヴェルディの「AIDA」にご招待を受け、久々にOPERA鑑賞して参りました。舞台芸術、音楽、本物の馬2頭を含む、総勢300人が舞台に立つというどれをとっても壮大なるスペクタクル。演出・美術・衣装は Franco Zeffirelli:フィレンツェ生まれなダンディな Seffirelliは1946年から ルキーノ ヴィスコンティの助手を務め1953年にはミラノ・スカラ座「チェネレントラ」で演出家としてデビュー。美術・衣装なども彼自身のデザインによるもので、豪華絢爛。AIDAは異なるプロダクションで三度ほど鑑賞致しましたが、今回のAIDAは群を抜いておりました。AIDAを演じた Norma Fantini(ソプラノ)の歌声は情愛を運び、私達観客のこころに響き渡ります。そして、現在最も注目されている Marco Berti(テノール)がRADAMES 役です。

1869年に開通したスエズ運河の記念行事の一環としてエジプト国王がヴェルディに委託したのが「AIDA」という、歴史的背景やその当時のエジプトに思いを馳せながら・・・皆様も、是非ご鑑賞下さい。別世界にいざなわれます。
f0135295_1146798.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-20 11:48 | ENTERTAINMENT

ISETAN

3月8日に開催されました、新宿ISETANでの村瀬治兵衛御夫妻と私の座談会にお越し下さいました皆様、本当に有難うございました。治兵衛氏より懐石のご説明、また漆の作品がどのように制作されるのか等、本当に貴重なお話を伺うことができました。また、奥様の亜里様からは、日頃の漆のお手入れ方法を教えていただきました。デパートでのコーディネートには数多くの規制があり、想い通りのテーブルが作れませんでしたが、これも修行の一つ。規制の中で、「どれだけ全ての商品を綺麗に見せるか」も大切な事です。

       現代の日常生活で使えるKAISEKIをイメージしたテーブル
f0135295_12215558.jpg

       お茶やお菓子、或いはデザートタイムに使えるアイディア
f0135295_122359.jpg


今回少し驚いたこと。漆の作品を熱心に手に取られて御覧になられているお客様の多くは男性のお客様でした。巧みの技にロマンを感じるのでしょうか?
[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-11 12:25 | TABLE

現代KAISEKIのおもてなし展@ ISETAN

お知らせです。「懐石」というと、とても敷居の高い、日常とはかけ離れたものと思いがちですが、実はこの「懐石」こそが現代日本の家庭料理の基本形。という訳で、私の大好きな村瀬治兵衛氏のISETANでのEVENT「現代KAISEKIのおもてなし展」をお手伝いさせていただく事になりました。「KAISEKI」を基本にしながらも、現代の私達の日常にも活かせるアイディアを提案させていただきます。
8日(土)午後3時〜 ISETAN 5F 特選食器売り場にて、村瀬治兵衛氏、奥様の亜里様、そして私の三人による座談会を行います。治兵衛さんから直接、漆器がどのようにして作られるか、とても難しいと思われている漆器の扱いの実情、漆器をモダンに使うアイディア等々伺う事の出来る貴重な機会です。お時間のある方はどうぞ遊びにいらっしゃって下さい。
[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-03 20:33 | WORK

FERGIE

或るパーティに主人と二人でおよばれしました。パーティ会場にはステージがセットアップされていました。
f0135295_19585151.jpg

会場に着いた時、このステージ上では、アーティストがキャンバスに絵を描いておりました。何とこのキャンバス、くるくる回るのです。それをまわしながら、器用にペイントでどんどん埋めていきます。完成作品は「GEISHA」
f0135295_201822.jpg

次のエンターテイメントは、EXPRESSIONSによるアクロバティックなダンス!中国雑技団もびっくりです。
f0135295_2031541.jpg

そして、美しい女性三人による、琴と尺八の演奏。妖艶な雰囲気でオリジナルの曲を数曲御披露。
f0135295_2045742.jpg

いよいよ今夜のメインイベント。FERGIEです!ご存知の方も多いと思いますが、彼女はTHE BLACK EYED PEASのボーカリスト。本来ならば武道館や、東京ドームでコンサートを開催する彼女が、このように小規模なパーティにて熱唱してくれるなんて、感激です!私は、前から二列目にいました。(主人は背が高いので他の人の迷惑にならない様に、私より二列くらい後ろに陣取っていました) テンション上がっちゃいました!
f0135295_2011669.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-03 20:12 | PARTY

AQUA PAZZA

新鮮な鯛が手に入ったので、作りましたよ!アクアパッツァ。随分偉そうに「作りましたよ」などと言いましたが、「調理した」なんてとてもおこがましくて言えないほど、簡単な料理です。主人と二人きりのDINNER、美味しかった。幸せ〜。
f0135295_19485363.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2008-03-01 19:53 | FOOD