my lifestyle

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

煮物椀

8月4日の記事でご紹介しました、村瀬治兵衛氏にお願いした「煮物椀」が出来上がって参りました!クラシカルな形で、バランスが素晴しい。木地からしっかりと作る治兵衛さんの漆器は他の追随を許しません。完璧な御仕事。
f0135295_19213382.jpg
f0135295_19201167.jpg
蓋を開けるとこのようなデザインです。日の丸フェチの私が、治兵衛さんにお願いして特別に書いていただいたのです。2008年お正月のお雑煮が心待ちです。
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-23 19:26 | ART

ELTON JOHN

武道館でのコンサートに行って参りました。主人がとても楽しみにしていたコンサートで、「青春時代、ファンだったんだ」「懐かしいなぁ〜」と昔の歌が演奏されるたびに呟いていました。ELTONも既に60歳。真っ赤のジャケットに、真っ赤の靴の出で立ちで登場したELTON JOHN。「僕の衣装、普段着を作り続けてくれる天才Yohji Yamamotoに敬意を」 知りませんでした、あのELTON JOHNの衣装はYohji Yamamotoが作っているとは・・・舞台には、グランドピアノが一本、その後ろになが〜いファブリックがドレープを利用して、高い天井から3枚吊られているだけ。ピアノの前に座ったと思ったら、すぐに歌い始めます。
ROCKET MAN, DANIEL, GOODBYE YELLOW BRICK ROAD, CANDLE IN THE WIND, CROCODILE ROCKなどなど、懐かしいヒット曲が次々に演奏され、一曲演奏すると立ちあがってお辞儀をし、ファンに手を振りかえす。それの連続で何と、2時間以上唄い続け、ピアノをひき続けました。途中で休憩時間が入る訳ではなく、衣装替えもない。派手な舞台装置が稼動する訳でもなく淡々と唄い続ける。そのことが、逆に、ピアノと唄う本人だけがあの武道館一杯の観客を2時間以上にわたって魅了できる、「professionalism」を浮き上がらせました。お見事としか言いようがない。プロ意識が欠けている人が多い昨今、「真のプロフェッショナルとは何たるや」と、唸らせるものを見せつけてくれたコンサートでした。
f0135295_7343491.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-22 07:34 | ENTERTAINMENT

ロールキャベツ

娘のリクエストにより、ロールキャベツを作りました。私は、実家の母が作るロールキャベツが大好きでした。私のロールキャベツが、娘にとっての「おふくろの味」になってくれるかしら?お鍋の中で整列したロールキャベツ、このきちんと感がたまりません。母から娘へ、娘から孫へ・・・美味しいものは受け継がれていきます。
f0135295_2018345.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-18 20:21 | FOOD

2007 Vocal Solo & Ensemble

Christian Academy in Japanにて関東地区の全INTERNATIONAL SCHOOLSによる、ソロ及びアンサンブルのフェスティバルが開催され、娘はカルテット(4人によるコーラス)で参加しました。
f0135295_17394720.jpg

     審査員による得点制で、実力を競います。本番直前の打ち合わせ。
f0135295_17411966.jpg

             お友達が応援に来てくれました!
f0135295_17415380.jpg

         演奏が終わり、「マミィ、パパじゃあねぇ〜」と
       他のお友達の応援に消えていきました。青春真只中!
f0135295_17445521.jpg

      先ほど娘から電話があり、「GOLD MEDALとったよ〜」
        早朝練習の甲斐があったね。おめでとう!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-17 17:51 | KIDS

友の愛

様々な仕事が重なり、クローンが欲しいくらい忙しく、「髪が逆立っている」とか、「気が狂うかと思うほど忙しい」とか、喚き散らしている私に、友人から心温まる差し入れが届きました。家事を少しでも軽減できるようにと送ってくれた「コロッケ」 今夜はコロッケ〜、そして、メニューを考えながらお買い物に出かけたまでは良かったのですが・・・ 美味しいコロッケがあるのだから、ボジョレーヌーボーも買って、コーンスープ、キャロットレーズンサラダ、エリンギのバターソテー、グリーンサラダ、モロッコインゲン・・・ あれあれ、いつもよりずっと気合いが入っている自分に気がつきました。やっぱり私は食いしん坊!素晴しいストレス解消になりました。友の思いやりに感謝!今夜はご馳走。いただきま〜す!
f0135295_17484723.jpg

[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-15 17:51 | FRIENDS

eN arts

日帰り京都出張・・・そうです!eN artsほぼ完成!お披露目致します。とくとご覧あれ!
             庭の植栽が綺麗に整理され、
           玄関のところに飾る作品が綺麗に
             見えるように工夫された外観
f0135295_2217462.jpg

                  第1展示室
f0135295_22202742.jpg

            第1展示室から第2展示室を見通すと
f0135295_22221341.jpg

                  第2展示室
f0135295_2223176.jpg

11月30日(金)12:00より開廊するeN arts。初回個展は「THE ORIGIN」 by 橋場信夫です。どうぞお楽しみに! 詳細はeN artswebsiteで・・・
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-14 22:27 | WORK

朝富士

f0135295_1758874.jpg

       朝起きて、富士山が見えると「良いこと有りそうな」予感大! 
     このHAPPINESSを皆様にもお裾分け! 明日も良い日になりますように
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-12 17:59 | PRIVATE

MY 扇子

f0135295_11370100.jpg

忙しくて、しばらくお休みしている「書」の御稽古。最後(前回)にうかがった時に、「お好きな字を書いて、それを茶道に使う小さな扇子に仕立ててもらいましょうか?」 という先生からのご提案。とっても好きな言葉の一つ「和」 を選び、扇子に仕立てていただくことに・・・ 出来上がって参りました。「MY 扇子」 折れ目が有るので、字の粗が上手く隠れます!(笑)今日は、その書の先生の書道大学卒業試験の日。家族を大切にしながら、常に前向きに学び続ける人生の先輩、私のお手本となる素敵な順子先生。この扇子を持って「フレ〜フレ〜」 と心から応援しています!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-11 11:43 | PRIVATE

「社会起業家という仕事」 出版記念パーティ

f0135295_10351045.jpg

NYで知り合った、私が心から尊敬する友人「渡邊奈々」。1冊目「チェンジメーカー」に続く、彼女の2冊目の本「社会起業家という仕事ーチェンジメーカ− II」が出版されるにあたり、来日。出版記念パーティにお誘いいただきました。彼女は長年マンハッタンに住むなかで、知的アッパークラスなソーシャルグループと交流を深めていきます。そして、様々な分野の第一線で活躍し大成功を収め、富も名誉も栄光も全て手に入れた人々が、それに甘んじることなく、「深い志とヒューマニティーに対する溢れんばかりの愛、加えて鋭利な頭脳と大胆な行動力」をもって、社会に還元していく道を選び始めていることに注目。人間愛に溢れる人々をインタビュー、社会のどの部分に矛盾や憤り、疑問を感じ、どのような想いを抱いて、社会起業家になったかを詳細にわたって紹介しています。奈々さんはご自分がインタビューした内容に基づき、その事実を淡々と書き上げているにもかかわらず、読者は、共感できる部分で、「心が熱くなって、涙してしまう」素晴しい本です。社会起業家フォーラム代表、田坂広志氏の解説の部分で「『頭で考える』のではなく、『心で感じる』ことが大切で、『心で感じた道』は不思議なことに過たないし、後悔しない」とあります。200%同感です。人生、どの道に進んでいこうとも、これこそが真理!
私も、今まで通り、自分が出来る範囲の中で、社会に貢献し続けていきたいと思っています。
f0135295_10352938.jpg

右:渡邊奈々さんです。彼女のお仲間の一人森美術館館長「南條史生」氏による撮影!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-10 10:40 | PARTY

ねびまさる

エイジフリーな女性の為のネットマガジンねびまさる書簡にてご紹介いただきました。本日より1ヶ月間掲載されるということですので、お時間のある時に、ご覧下さいませ。「ねびまさる」とは、「ねぶ」〜老いる、「まさる」〜優れる〜という言葉で、紫式部著「源氏物語」の中にもよく使われている表現です。年齢を重ねるごとに美しく、品格や輝きを増していくという意味を持つ、この素敵な言葉。平安時代に使われていたこのように優雅な日本語はどこに消えてしまったのでしょう? この言葉に相応しい女性になれるかどうかは???ですが、ベストを尽くして、一歩一歩前進して行きますので、応援して下さいませ。
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-11-08 10:43 | WORK