my lifestyle

LE MONDE DE COCO-SILENT AUCTION

7月30日の記事でもご紹介しました銀座 CHANEL 4F NEXUS HALL で開催されています LE MONDE DE COCO のサイレントオークションに参加する為、お邪魔しました。私が応援している海老原靖氏在廊の日ということで、展示されている作品を一点ずつ丁寧に解説してくれました。作品鑑賞がぐっと身近で、興味深く楽しいものになりました。じっくりと拝見して、私が気になった作品を番号順にご紹介します。

                  海老原靖氏と赤摩千穂氏
f0135295_212133100.jpg

NO.1 赤摩千穂 ご自宅にはたおり機やその他染織機器を備え、ご自分で布から織ったり染めたりするという気の遠くなる様な工程です。自作の布を使ってご自分がデザインした靴を製作。(ある意味ARTISANです)一年がかりで創作したという5足の作品が展示されておりました。
         その中で私が一番気に入ったのがこの作品FROG
       写真では解りにくいのですが、靴の両側に水かきがついています。
                最低入札価格¥100,000
f0135295_21251243.jpg


NO.2 海老原靖 私が応援しているアーティストの一人。オープニングパーティの時からインパクトの強い、心を摑まれる作品でした。COCO の強さとCHANELのイメージする女性らしさの両面が実に巧みに盛り込まれています。
                   COCO # 1
                 最低入札価格¥ 160,000
f0135295_23194064.jpg

                   COCO # 2
                最低入札価格¥ 130,000
f0135295_23213868.jpg

NO. 9 野口哲哉 CHANELマークが施された甲冑を着ている侍です。野口氏は「甲冑オタク」らしく本物の甲冑が作品で見事に再現されています。彼にとってのCHANELのエンブレムは日本の家紋がそうであった様に緊張感を与え、鎮座する場所や所持者の品格を厳しく吟味するイメージがあるそうです。
                シャネル侍2分の1縮尺座像
                最低入札価格¥ 800,000
f0135295_2344268.jpg

NO. 13 前田真治 COCO CHANELが常に抱えていたという怒りや葛藤を仁王像に重ね合わせて作られた木彫作品。赤い数字の「5」を背負っています。実はこの像の内部にCHANEL NO. 5が仕込まれており、その香水を自分の手にするには、ノミとハンマーを握り像を打ち壊す以外に無いのです。画面左下に見えますマニュアル本にはどのようにして像を打ち壊せば良いかという方法が詳しく描かれています。
                  CASE FOR NO. 5
                最低入札価格¥ 300,000
f0135295_23424893.jpg

NO.16 ミヤケマイ メゾンであるシャネルには商売の神様が必要だろうと、酉の市ゲンを担ぐ熊手を作ってしまった彼女…シャネルのラッキーアイテムやモチーフをふんだんに使った彼女の作品。鷲神社でいただいてきたというご神体も組み込まれ、ご利益もあるそうです。
                  シャネル招福熊手
                最低入札価格¥ 380,000
f0135295_23422164.jpg


さて、皆さんならどの作品にどのくらいの価格をつけられるでしょうか?私も結果発表(8月中旬くらいだと伺いました)をワクワクドキドキしながら待っています!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-08-07 23:52 | ART