my lifestyle

村瀬治兵衛

今日は楽しみにしていた村瀬治兵衛氏のお茶会。5月21日の私の記事を御覧下さい。その時にいただきました中次の為の箱が出来上がっているということ…心ウキウキ、足取りも軽やかにお邪魔しました。
f0135295_20122567.jpg

帰り際に治兵衛氏に「木の札に「OO作 XXXX」という風に書いて御蔵にしまっておけば内容が何であるかが一目瞭然でしょう?」と教えられ、その箱を包む布・木の札を頂戴致しました。我が家に「御蔵」はございませんが、キャビネットの中に在っても一目瞭然!素敵でしょう?
f0135295_2027479.jpg

そして本日もう一つのイベントは、かねてから想い描いていたお雑煮椀を注文することでした。治兵衛氏曰く、「お椀を作るのには木地探しから始めなければなりません。お椀は大きな丸太の木の塊をお椀と蓋に合った大きさに切って、それをくり抜いて作っていくのです。その丸太がなかなか手に入らない。運良くうちにおいてある木地で間に合えば良いのですが、そうでない場合5年は待ってもらう事になります」あ〜何という職人気質!その心意気に惚れ惚れした私は「後5年、命が続くかどうかはわかりませんが、とにかく待ちます!」と覚悟を決めてお願いしたのです。運が良ければ2008年のお正月にそのお椀でお雑煮がいただける… ROWE直美考案のデザインは実際にお椀が出来上がった時に皆様にご披露しますので、お楽しみに!
[PR]
by lifestyle-naomi | 2007-07-20 20:42 | ART